オオクワ時々その他晴れ

家族でオオクワブリードに挑戦中!!  子供はサッカーと空手(極真会)で日々精進
オオクワ時々その他晴れ TOP  >  2012年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

菌糸詰め詰め「プレスマシン使用」


12月2日にオオクワ メカニクルでお馴染みの
ashtaka様製「クワガタカブト用、マット菌糸詰め専用プレスマシン Type2」
を使用して菌糸詰を行いました。
IMG_0438_convert_20121122181952.jpg


菌糸ブロックはオオクワキングより購入した「Rush」です。
IMG_0449_convert_20121207110209.jpg



人生初の菌糸詰めを行うため、念入りにアルコールで器具を殺菌し準備万端・・・

今回は、「蜂蜜瓶1000」に全て詰め込みます。

プレスマシンのハンドルを手で装着し、どんなものかと抑えのナットを軽く締めたのですが、数回プレスするとクルクル緩んできます。やはり、ナットでちゃんと締めないとダメですね笑

今度は気を取り直して、ハンドルに付属のナットを締め込むとずいぶんパワーが伝わります。こういう事は適当にしたらダメですね笑w

そして、付属のオプションでお願いしていたゴム敷きを位置決めするため、まずは貼り付けずに詰め詰め作業を行いました。これも例にもれず、ゴム敷きは貼り付けないとダメですね笑

そこで、気を取り直してゴム敷きを張り付け、トライしました。
IMG_0452_convert_20121207110244.jpg

プレスマシンの横に計りを置き、、、

はて??

いったい何g詰めたら良いの??

ソッコーで様々な方々のブログを訪問し、ビン詰め作業の記事をチェックしまくりました。
だいたい蜂蜜瓶1000ぐらいだと600g~700gの間??
と勝手に判断して650gに決めました。

そして作業作業です。

力加減もわからず、650gをたよりに詰め詰めし、出来上がったのは2ブロックで7本+620g1本=8本
詰めた後から思ったのですが、蜂蜜瓶1000に650gは多すぎました。当然このプレスがなければこれだけのg数は詰められないと思います。
IMG_0454_convert_20121207110412.jpg


という事で、菌糸詰めの作業は終わりました。
段取りの悪さと試行錯誤を繰り返して様子見をしましたので時間がかかったと思いますが、ざっと2時間で作業を終えました。

次回の菌糸詰めは来期になると思いますが、今回の作業の反省は次に活かせると思います。
後は、無事に菌糸が回ってくれる事を願うばかりです。詰め作業の二日後に確認してみると、うっすら白く回っているようでしたので、まだ未確認ですが大丈夫でしょう。カビが出ていない事を祈って、近々チェックしようと思います。



スポンサーサイト
[ 2012/12/07 12:26 ] 菌糸 | TB(0) | CM(6)

久留米産 BKダイヤ様よりポチ様ライン 「KU-13BKP-01」


2013年度にブリード予定のラインを紹介いたします。

今回は

久留米産 BKダイヤ様より着弾のポチ様血統

このペアは、BKダイヤの部屋のブログを運営されておられるBKダイヤ様より着弾したペアです。

このペアは、BKダイヤ様のブログが10,000Hitされ、その際に企画されたプレ企画に無謀にも応募させて頂き見事当選させて頂いたペアになります。

このプレ企画は、各商品とも多くの方が応募されており、特にこの久留米ペアは一番人気でした。抽選方式はくじ引きだったそうですが、それをBKダイヤ様のご長女様に見事私を引き当てて頂きました。

丁度久留米も1ライン増やせたらなぁと漠然と思っていた頃のプレ企画で、応募者が殺到するのは間違いないペアでしたので、かなりダメもとで応募させて頂きました。

本当に当選メールを頂いた時は嬉しさと同時に、こりゃぁ今年の運は使い果たしたなと思いました。


今回のペアは、BKダイヤ様が久留米産ブリードで有名なポチ様より2011年に幼虫で譲り受けBKダイヤ様が2012年4月上旬に羽化させた個体です。

種親の♂81.0㎜はマサレッド様09-3番、♀51.7㎜はマサレッド様09-2番と両親共に久留米で有名なマサレッド様からの血統で、ポチ様の所では1番ラインとして管理されております。

そして、私が頂いた♂78.6mmx♀51.5mmのペアは同腹兄妹です。

2013年は、多くの先輩ブリーダー方が久留米をかなり補強されており、もしかすると久留米で何かが起こる年になるかもしれませんので、私も新参者として密かに来季の種親として頑張ってみようと思います。


データ
久留米産 (ポチ様1番ライン同腹兄妹) ♂78.6mm x ♀51.5mm

このラインを管理番号「KU-13BKP-01」ラインとします

♂78.6㎜(幼虫を2011年ポチ様→BKダイヤ様へ2012年4月上旬羽化)
♀51.5㎜(幼虫を2011年ポチ様→BKダイヤ様へ2012年4月上旬羽化)


♂78.6mm x ♀51.5mmの種親 久留米産 ♂81.0mm x ♀51.7mm

♂81.0mm(マサレッド様09-3番)
♀51.7mm(マサレッド様09-2番)


♂78.6mm (2011KU-01-001)データカード
DSC_3192_convert_20121206151530.jpg


♂78.6mm (2011KU-01-001)成虫個体
DSC_3195_convert_20121206151619.jpg



♀51.5mm (2011KU-01-003)データカード
DSC_3179_convert_20121206151706.jpg


♀51.5mm (2011KU-01-003)成虫個体
DSC_3187_convert_20121206151752.jpg


能勢YG血統 anchorageak様ライン その2「YG-13ANC-02」


2013年度にブリード予定のラインを紹介いたします。

今回は

能勢YG血統 その2

このペアは、先祖の血筋を大事に守りたいクワカブ飼育のブログを運営されておられるanchorageak様より着弾したペアです。

anchorageak様といえば、私がオオクワブリードした最初の幼虫をプレ企画で頂いた方です。
そして、まったくの初心者の私に、プレ企画で頂いたにもかかわらず、とてもわかりやすく親身にアドバイス頂きました。その事がきっかけで、いつも教えていただいており、勝手に私が師匠と仰いでおります。

そのanchorageak様から貴重なラインのペアを分けて頂くことができました。

今回のペアは、anchorageak様では825515ラインとして管理されています。
そして、825515ラインはanchorageak様の準エースラインとして活躍されています。

種親の♀51.5mmは、2010年に能勢YG本家yasukong様から幼虫で譲り受け、2011年1月27日に早期羽化した個体です。つまり、前ギネス866の娘となっており、ギネスの血を強く引き継いでいると思います。

そして、私が分けて頂いた♂80.8mmx♀52.0mmのペアは同腹兄妹で、前ギネス86.6の直系の孫です。

♂80.8mmの兄弟は83mm4頭、82mm2頭、81mm2頭、80mm3頭と15頭中11頭が80mmオーバーでした。

さらに、♀52.0mmの姉妹は15頭で平均52.6mm、MAX55.0mm、MIN50.5mmです。
55.0mm1頭、54.0mm3頭を輩出するかなりの血統です。

とても期待のもてる、そして確かな血統です。
来季の種親として頑張ってもらいたいです。


データ
能勢YG血統 (anchorageak様2011825515同腹兄妹) ♂80.8mm x ♀52.0mm

このラインを管理番号「YG-13ANC-02」ラインとします


♂80.8mm x ♀52.0mmの種親 能勢YG血統 ♂82.5mm x ♀51.5mm

♂82.5mm(成虫を2010年binnon様→anchorageak様へ)
♀51.5mm(幼虫を2010年yasukong様→anchorageak様へ)


♂80.8mm (anchorageak様201182551508)データカード
DSC_3160_convert_20121205135451.jpg


♂80.8mm (anchorageak様201182551508)成虫個体
DSC_3171_convert_20121205135543.jpg




♀52.0mm (anchorageak様201182551538)データカード
DSC_3150_convert_20121205135637.jpg



♀52.0mm (anchorageak様201182551538)成虫個体
DSC_3157_convert_20121205135723.jpg


[ 2012/12/05 14:17 ] 2013年度 種親候補  | TB(0) | CM(8)
プロフィール

 Field Arrows 88

Author: Field Arrows 88
フィールド アローズ88
HN:Tatsu

Field Arrows 88のTatsuと申します。
2012年6月よりオオクワのブリードを始めました。しかし、自身の環境変化によりお休みしています。
しかし、また再開したいと思っています。

子供達は、相変わらずサッカーのクラブチームとJリーグの育成スクールで週5日、精神を鍛えるため空手(国際空手道連盟極真会館)で精進しています。


☆現在の飼育状況☆

残念ながら居りません。

幼虫管理表
☆2012年☆
能勢YG
YG-ANC-A ライン
YG-ANC-B ライン
カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。