オオクワ時々その他晴れ

家族でオオクワブリードに挑戦中!!  子供はサッカーと空手(極真会)で日々精進
オオクワ時々その他晴れ TOP  >  2012年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

残念な結果に(泣)

本来なら、今日は先日初めての菌糸交換で得られた感動と結果をUPする予定でしたが、急遽予定を変更し、今後のためにも早めに記録しておこうと思い、残念な結果と来期の予定変更を書こうと思います。


本日の朝、出社前に来期のブリード用に管理している成虫を確認するため、エサの状況などを見ていました。

そんな中、一つのケースだけ明るい光を浴びても、身動きせずジッと固まった個体がいました。

そして、エサのゼリーは新しいままで、その横に☆になった♀47mmの固体がいました。

残念な結果となり、出勤前にも拘らずショックで自問自答しましたが、答えが出てきませんでした。

生物である以上は、しかたのない事だとは思いますが、せめて仔を一度でもと・・・。
来期のブリードに期待していただけに残念でなりません。

そこで、分けて頂いたブリーダー兼ショップのオーナー様へ急遽連絡し、夕方お伺いして相談してきました。

47mmの♀は残念ですが、相方の♂は元気モリモリなので、♀47mmと同腹の♀を分けてくださいました。

ただし、余剰の♀個体が結果的に残り1頭だったため、サイズが選べない状態でした。オーナー様も最大サイズの個体を分けてくださるとして、かなり管理表や個体を確認していただいたのですが、この時期ではさすがに残っておらず・・・。

♀47mmに比べると相当サイズダウンとなり、アウトラインも候補に上がったのですが、それでも惚れた地元の血統を維持させていきたいため、この♀には頑張ってもらいたいと思っています。

来期のブリード個体をやむを得ず変更いたします。

☆♀47mmに代わり、♀42mmです。

香川県綾歌郡綾川町産 ♀ 42.0mm 羽化日(2012年4月中旬)
データ
種親 WF1♂77×WF1♀45

AYA-Tatsu42mm_convert_20120829222725.jpg

ワイルドF1のWF1♂77×WF1♀45の同腹仔、WF2♂75mm、☆WF2♀47mmの兄妹になります。
4月中旬に羽化しているため、ペアリングさせずに越冬して来年度に期待したいと思います。

管理番号の頭をAYA-TATSUとして、引き続き私が管理し大切に血統維持させて行きたいと思います。

そして、今回の事で血統維持の難しさや、美形とサイズアップを目指すための種親候補の最適個体数等について、色々考えさせられました。

奥が深すぎですね。。。でもそこが向上心とモチベーションUPに繋がり、喜怒哀楽が生まれる瞬間なのでしょうね。

がんばるぞぉ~♪♪
スポンサーサイト
[ 2012/08/29 22:54 ] 香川県綾川町産 | TB(0) | CM(8)

初めての菌糸交換


先日の土曜日(2012年8月25日)我が家にとって初めての菌糸交換と同時に、オオクワの本物の幼虫を見ることが出来ました。祝)

今回交換した幼虫は、以前anchorageak様のプレ企画で頂いた貴重ですばらしい素質を持った能勢YG血統の仔達です。

いやぁ~~

オオクワの幼虫は、想像以上に立派ですね。
皆様のブログを拝見して、ある程度の雰囲気は掴んでいたのですが・・・笑。

昔から、オオクワガタは天然の生きるブラックダイヤと言われていますが、さすがに幼虫の段階ですでに迫力がありますね。

私も初めて幼虫を見たのですが、当然ながら我が子達も初めてだったので、家族皆で感動っ~してました。

末っ子で4歳の娘は、ぅおぉぉぉぉぉ~しゅっげぇぇ~と言いながら目を丸くしていました。

昆虫やダンゴ虫が大好きで、すぐに触りたくなる怖いもの知らずの1年生の次男は、その迫力にグッと見入っていました。

どちらかというと昆虫が苦手で、あまり触りたくなく怖いものだらけの2年生の長男が一番たくましく、今回の作業では私のサポート役を一番こなし、最後の後片付けまで率先してサポートしてくれました。そして、日々幼虫は元気かと気に掛けています。

初めての菌糸交換は、戸惑いながらもドタバタしながらも何とかできました。そして、ワイワイと家族皆で作業を進める事が出来ました。

もうすぐ子供たちも夏休みが終わりますが、本当に良い経験をさせてやる事が出来たと思います。


初交換前に記念で1枚っ笑
IMG_0305_convert_20120829000046.jpg

今回交換した初菌糸瓶 大夢B Pro 800と1400 記念に1枚っ笑
IMG_0331_convert_20120829000132.jpg


あらためて、大切な幼虫を分けて頂いたanchorageak様には心より御礼申し上げます。

また、ご多忙にもかかわらず、わからない事だらけで何度も質問させて頂き大変申し訳ございませんでした。

幼虫の測定結果については、記録する意味もあり、あらためて記載していきたいと思います。

[ 2012/08/29 00:09 ] オオクワ飼育・管理 | TB(0) | CM(5)

成虫ケースの変更


6月からオオクワを飼育を考え始め、成虫を迎え入れてはや2ヶ月を経過しました。

その間に、様々な情報をネットや雑誌で収集し、また多くの方々に飼育のアドバイスを頂いてとても充実した日々が過ごせています。

そこで、今回は自分なりに試行錯誤し、まだまだ改善の余地があるであろう成虫の飼育ケースについて考えました。

というのも、今年は来期の種(主)親にする成虫しか飼育していません。
しかし、現在割り出しを控えている幼虫達や、来期に産卵予定の成虫から、出来れば各25頭前後の幼虫を確保する事を目指し、その大多数が成虫へと成長すれば、100頭を超える成虫を飼育する事となります。

そうなれば、飼育スペースの問題が浮上するのは目に見えているため、早い段階から省スペース化を視野に試行錯誤しておく必要性を感じました。

まずは、主力となる成虫しかいませんので、特別待遇ケースと称してコバシャを利用しています。もちろんコバエ対策は必須ですから、このケースは定評があるとの事で迷わずチョイスしています。

IMG_0319_convert_20120826204235.jpg

そして、当然ながらコバシャミニを♂・♀両方に使用していたのですが、早くも難問が・・・。

コバシャミニを二段重ねにすると、案外高さが出てしまいスチールラックに収まりません。泣
スチールラックですので、高さを変更する事は可能ですが、バランスが悪くどうもシックリ行きません。

そこで、コバシャタイニーを利用してみる事にしました。
しかし、コバシャタイニーでは♂には小さいかもと、今回は♀のみに使用してみました。

IMG_0324_convert_20120826204348.jpg

上の段が♀でコバシャタイニー、下の段が♂でコバシャミニです。

さすが、タイニーの収まりや高さは良く、省スペース化を図る事が出来ました。
今のところ、これで種親(主力)用のケースは確定しそうです。

行き当たりばったり感が否めず、おかげでコバシャを全シリーズ購入しましたので、現在は空ケースの山で早くもスペースがっ・・・。

IMG_0326_convert_20120826213234.jpg


実はここが本末転倒で、一番残念な結果となっています。汗

まぁいろいろやってみるしかないですねっ。こればっかりはっ・・・。


[ 2012/08/26 21:35 ] オオクワ飼育・管理 | TB(0) | CM(6)

大型の着弾!!


本日、我が家にとって大型で強烈な生体が4頭(2ペア)届きました!!

IMG_0265_convert_20120820222553.jpg


以前、anchorageak様のプレ企画でみごと当選させていただき、貴重な能勢YG血統の幼虫をお譲りいただきました。そして、今度はanchorageak様よりさらなる追加!!

今年羽化の新成虫を2ペアお分けいただく事が出来ました!!

以前頂いた幼虫は、当然ながらすばらしい血統です。しかし、今回の成虫はあの能勢YG前ギネスの直系遺伝子を持っており、まさかの血統&遺伝子を我が家に迎える事ができました。

今夜は眠れそうにありません♪♪

しっかりと管理して、世代と血統に恥じないように子孫繁栄できればと思います。

来期に向けてとても楽しみです☆

anchorageak様に感謝です!!
[ 2012/08/20 22:40 ] 能勢YG血統 | TB(0) | CM(5)

2本目産卵セット & これってもしかして??

今日は、前回の記事(TOMI-TATSU 産卵セット開始 産卵材1本目 (2012年7月29日))で予定した通り、1本目の産卵セットを終えて2本目の産卵セットを作業しました。

IMG_0264_convert_20120818222325.jpg

データ
TOMI-TATSU ♂69.0mm × TOMI-TATSU ♀43.0mm
「ペアリング」 2012年7月22日
「産卵セット投入」 2012年8月18日 2本目
「ケース」 コバシャ中
「産卵材」 ハイパーニクウスバ材Lサイズ×1本 (西日本こんちゅう社)
「マット」 川口商店クワガタマット (ドルビーインセクト)
「餌」 プロゼリー18g×4ヶ 16g×2ヶ (KBファーム)
「割り出し予定」 2012年9月29日頃 早める可能性有り

1本目からの変更点は、ケースをサイズアップさせてコバシャ中にしました。
前回の反省点は、ケースと産卵材とのサイズがアンバランスで少し窮屈な感じを受けたからです。
また、前回はマットを硬くせずに敷いただけでしたので、♀がマットを掘り起こしてしまい材が剥き出しになっていました。(後で情報収集するとマットは硬くするらしいとの事。。。)
そこで、今回は硬く絞めてみました。(つもり・・・。)


その後、作業は順調に進んでおり、2本目の産卵セットが上記の通り完了したので、♀を取り出そうと1本目の産卵セットをホジホジしました。

マットの中には潜っていなかったので、材をすこし割って調べると♀が材に潜り込んでいました。
そのため、慎重に♀を傷つけない様にそーっと材を軽く割っていると・・・

ん???
これってもしかして???

IMG_0254_convert_20120818222302.jpg

ですよね??

この状況・・・はぃ。

まったく予定していませんでした・・・。
これって、どのように対処したらよろしいのかと・・・汗

この後、予期せぬ出来事のため、材を被せて見て見ぬふりをしつつ、乾燥したらいけないのかと思い・・・。
ほんの少しだけ物体にかからないように霧吹きしました。。。

どうしたら・・・??汗

孵化まで放置???

[ 2012/08/18 23:00 ] 香川県綾歌町富熊産 | TB(0) | CM(8)

♂用温度管理スケジュール表 3本返し

表1  ♂オオクワ用 温度管理スケジュール表 3本返し 1日スタート 
♂オオクワ スケジュール表 1日スタート 3本返し


表2  ♂オオクワ用 温度管理スケジュール表 3本返し 10日スタート
♂オオクワ スケジュール表 10日スタート 3本返し


表3  ♂オオクワ用 温度管理スケジュール表 3本返し 20日スタート
♂オオクワ スケジュール表 20日スタート 3本返し


前回の記事で、温度管理のスケジュール表を作ってみました。
そして、様々なご意見を頂いて、再度考えて構築してみました。

最近の主流は、菌糸ビンが3本使用が多そうなので、3本返しのスケジュールに組み替えてみました。
また、前回の温度よりも少し低めに設定することで、冬場の温度管理が少しでも楽になるのではないかと思っています。まだまだ冬場の温度を下げてもいいのかもしれませんが、温度差がどこまでなら耐えられるのかがわからず、こればかりは経験を積まなければならないのでしょう。

オオクワは日本の生物なので、日本の気温差には丈夫でしょうが、菌糸についてはどうなのでしょうか?
これも幾年か経験が必要なのでしょうね。

ただ、今回の表を作ったことで、産卵時期のタイミングや菌糸ビンのタイミング等、省エネで管理しやすい時期というのが見えてきた気がしました。

当然、生物(菌糸も含めて)が相手では、イレギュラーな事ばかりだと思います。そして、イレギュラーに対処するために多くの経験が必要なのも十分承知しています。

今の目標は、プレ企画で譲り受けた大切な幼虫を無事に羽化させる事です。
そして、このスケジュールに照らし合わせてみると、概ね温度も計画通りに行っていると思われます。
また、表の通りに進むのなら「10日スタート」の表でプランBの時間軸が参考になりますので、9月10~19日の間で2本目の菌糸ビンに交換となります。

いつも計画倒れで行き当たりばったりな私なのですが、はてさて上手くいくでしょうか・・・笑

[ 2012/08/10 21:59 ] オオクワ飼育・管理 | TB(0) | CM(2)

♂幼虫用 温度管理スケジュール表 1日スタート  


♂オオクワ スケジュール表 1日スタート ← (クリックすると表が見れます)


オオクワの幼虫を効率よく節電管理する為にスケジュール表が必要だと感じました。

そこで、A~Eプランを作成し、どの時期からスタートしたら一番効率よく温度管理が出来るか一目で分かるようにしてみました。

おそらく、先輩ブリーダーの方は、長年の経験で産卵時期を決定されているのでしょうが、私は一度も経験が無いため、今後の事も踏まえて一覧にした方が後々わかり易いだろうと思い作成しました。

そもそも、初令から2令、3令の成長過程も期間が合っているのかわかりません・・・爆。

ましてや、適正温度帯も理解できていません・・・

怪しさ満点ですが、作成してみて先輩ブリーダーの方々が、なぜ5月~6月に初令幼虫を割り出すのかが少し分かったような気がしました。

そもそもこんなスケジュールであっていますか?

どなたかご教授頂けたら幸いです ><;

[ 2012/08/07 00:14 ] オオクワ飼育・管理 | TB(0) | CM(8)

交流戦(強化試合)U-8、U-7


今日は、朝から子供たちの所属しているサッカーのクラブチームで交流戦がありました。極真会(空手)の宿泊合宿も今日からでしたが、一応戦力の一人ですのでサッカーを優先しました。

U-8、U-7の年代としては、初のプチ遠征で県内でしたが少し遠くの会場で行われました。

当初4試合の予定でしたが、所属しているチームは人数が多いため他のチームより2試合増え、6試合を戦うこととなりました。

体感気温は40度?の炎天下の中、子供たちは良く戦ったと思います。

結果は、6試合中5試合の勝利。

唯一負けた1試合は、5試合目の相手でした。
相手が強いというよりも、暑さの中と連戦の疲れから選手全員がモチベーションを超低下させていました。

炎天下にもかかわらず、選手たちは試合中殆ど日陰の無い場所で朝の8時からグランドに立っています。

保護者はテントの下で観戦しており、それでも暑さと日差しの強さで辛いのに・・・。
朝8時から16時のスケジュール。おかげで、日焼けで肌がヒリヒリです。

クラブチームの方針で、少年団とは違い大会中も試合中も保護者は近寄れません。何かあれば選手自らが保護者に要求する仕組みになっています。つまり、保護者からの差し入れが出来ませんし、欲しければ選手自ら要求しなければなりません。

チームメイトを尊重すると共に、自分をコントロールする能力を養っていかなければなりません。徐々に成長していって欲しいものです。

近寄れないのでかなり遠目から。朝のUP風景「隣接の土グランドで」
IMG_0232_convert_20120804223208.jpg


何故か味のある大会本部席の看板
試合を行ったグランドの天然芝が暑さでクタクタでした・・・。
IMG_0231_convert_20120804223230.jpg
これってやっぱり達筆??書に疎いので良くわかりませんが癒してくれました。

オオクワ管理ラベル

オオクワ管理表



オオクワの管理ラベルを作成してみました。

何分初心者なもので、必要な項目や不必要な項目がわかりません笑

そこで、ネットを頼りに収集した情報をもとに作成しました。

エクセルで作ってますので、これを管理表にまでトレースできればと思います。

何か気になる点や「これは必要だろ~」や「これはいらねぇよ!!」等のご指摘を頂ければ幸いです。

よろしくお願いします☆

[ 2012/08/03 16:58 ] オオクワ飼育・管理 | TB(0) | CM(1)

BE-KUWA 40号


本日、バックナンバーであるBE-KUWA 40号(新品で在庫しているお店を見つけていました)を購入してきました。

IMG_0228_convert_20120801220014.jpg

まだ、斜め読みしかしてませんが、オオクワ飼育の基本が掲載されています。

そして、なんと歴代のギネスを誕生させている能勢YG血統の生みの親、あの有名な方の飼育方法が幾ページにもわたって掲載されています。

これは、ゆっくりと熟読していかなければなりませんね。

また、トレハ飼育についても多くのページを割いており大変興味深い内容です。

実は、私の関連する職業柄『トレハ』はとても身近な物なのです。

オオクワ飼育を始めて思ったのが、トレハに関する事がやたらと出ている事に驚きました。しかも、ショップによってはトレハだけを添加剤として販売されています。

しかも、その値段を見ると・・・・。『たっ高ぇぇーーー』

あのぉ、トレハ必要なら安くお分けしましょうか???笑

ってか、私はオオクワ飼育程度の量ならいつでもタダで手に入ります・・・。

話がダイブそれましたが、BE-KUWA 40号を熟読して、少しずつですが何かしら実践して行こうと思います。

[ 2012/08/01 22:19 ] オオクワ関連書籍 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

 Field Arrows 88

Author: Field Arrows 88
フィールド アローズ88
HN:Tatsu

Field Arrows 88のTatsuと申します。
2012年6月よりオオクワのブリードを始めました。しかし、自身の環境変化によりお休みしています。
しかし、また再開したいと思っています。

子供達は、相変わらずサッカーのクラブチームとJリーグの育成スクールで週5日、精神を鍛えるため空手(国際空手道連盟極真会館)で精進しています。


☆現在の飼育状況☆

残念ながら居りません。

幼虫管理表
☆2012年☆
能勢YG
YG-ANC-A ライン
YG-ANC-B ライン
カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。