オオクワ時々その他晴れ

家族でオオクワブリードに挑戦中!!  子供はサッカーと空手(極真会)で日々精進
オオクワ時々その他晴れ TOP  >  オオクワ用品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プレスマシン Type2(マット菌糸詰め専用)


かなりご報告が遅くなりました。

11月12日の事ですが、帰宅するとまもなく宅配のチャイムがなりました。
我が家に到着したのは、タイトルそのままですが・・・笑

「クワガタカブト用、マット菌糸詰め専用プレスマシン Type2」

もうご存知の方の方が多いと思います。
菌糸詰めには欠かせないと、前評判はもとより、いつ入手できるのかも未知数なこのマシン。

Type2とありますので、当然ながらType1が存在します。

Type1の使用レポや感想は、多くの有名ブリーダー様方がブログ等でご紹介されています。そして、そのレポを見る限り、菌糸詰めには必須のマシンと噂されています。

オオクワのブリードを始めるにあたって、かなり多くのブログを拝見させていただき、そして情報収集いたしました。その中でも、菌糸が重要だという事を理解し、コスト、費用対効果等を考えると、自作菌糸ビンは必須の作業なのだと感じました。また、それと同時に菌糸ビン作りが手作業ではかなり重労働だという事も理解できました。

そこで、当時まだ一度も菌糸交換の経験がない私にとって、当分は必要ないだろう。でも、いつかは入手できるまでになっていたいなと感じておりました。

そして、当然ながら使用レポはあるものの、入手法については困難な状況でした。

しかし・・・!!

運良く、マシンの製作者様が、再製造するとブログにUPされており、期間限定でさらに進化してType2として世に出すと書かれているではありませんか・・・。

申し込みについては、どなたでも受け付け可能とありましたが、かなり自問自答しました。

当時の私は、菌糸ビンを詰める事はおろか、オオクワの菌糸交換を経験していないにも拘らず、このようなマシンを手にしても良いのだろうかと??

が、私のポリシーは、基本的に何をスルにも昭和じゃあるまいし、文明の力は使うべしww

なので、もう決断したら早かったです。

実は、Type2の申し込み後に、ご近所のブリーダー様がこのType1を偶然にも所有されていました。そして、絶対にオススメだよとお墨付きもあり、期間内に予約できてホッとしていました。

っと言う事で、かなり前置きが長くなりましたが、待ちに待ったマシンが到着した次第です。

使用感は・・・・まだ、使用できていません汗。ごめんなさいっ><;
近々、人生初の菌糸ビン詰めを数本ですが執り行ないますので(大げさw笑)
レポできればと思います。(時間あるかな・・・汗)


製作者様は、この方!!

オオクワ メカニクルのブログでお馴染みの「ashtaka様」です!!

この度は、とても素晴らしいマシンを制作していただき、また幾度となくご丁寧な対応をして下さいました。そして、かなりの手間と時間を割いて制作されていると伺っております。本当に大変感謝いたします。


写メ撮りましたのでUPします♪♪

到着時の梱包箱・・・。重量があるので頑丈な箱です。
IMG_0427_convert_20121122181711.jpg


一通り箱から取り出した所。この時には取っ手は装着されていません。
IMG_0431_convert_20121122181804.jpg


まずは取説。写真付きでかなり詳しく説明されています。
IMG_0444_convert_20121122182019.jpg


マシンを操作する取っ手。6本装着します。
IMG_0429_convert_20121122181733.jpg


ビニールのカバーを外し、マシンが出てきました。丁寧な包装です。
IMG_0432_convert_20121122181832.jpg


いよいよ取っ手を装着です。オプションは全て付けましたのでフル装備です。
(ゴム敷き未貼り、プレス部φ50)
IMG_0434_convert_20121122181906.jpg


別角度から
IMG_0437_convert_20121122181930.jpg


真横から
IMG_0438_convert_20121122181952.jpg


マシンの重量は、結構あります。なので、強い圧力にも耐えられるものと思われます。
早く詰め詰めしたくなってきました♪♪

スポンサーサイト
[ 2012/11/22 18:33 ] オオクワ用品 | TB(0) | CM(12)

保温庫の作成 そのⅡ


ずいぶんと更新ができませんでした。

忙しいのもあったのですが、生活レベルのテンションが下がっていたのと、土日で作業を集中してやっていたのもあり、疲れて日記をUPさせる元気がありませんでした。

しかし、気温とオオクワは待ってくれないので、着々と作業を進めなんとか形が出来ました。

まだまだ手直しや改善もあるかもしれませんが、今期はこれで様子をみて来期につなげたいと思います。

本格運用は来期ですので、今は珍プレーな状況ですが許してやってください笑

とりあえず、撮れた写メだけでも・・・汗


上下の天板に木材を固定した所。
IMG_0415_convert_20121121150714.jpg


図面通りに各板へスタイロを接着剤で張り付け、剥がれない様に放置中。計6枚
IMG_0418_convert_20121121150814.jpg


一気に組み立て、完成させた画像(正面)・・・。はゃ汗(木材とスタイロの空間がミソですw)
IMG_0422_convert_20121121151043.jpg


組み立て完成、斜め横からの画像・・・。
IMG_0421_convert_20121121150955.jpg


基本構造については、スタイロと合板の強度で持たせています。
なので、図面通りに採寸した木材とスタイロのカットが出来れば組み立て自体は超簡単です。
また、各板をボルトで止めていますが隙間はあまりなく、保温力は抜群です。
さらに、基本コンセプト通りに保温だけのBOXですので夏場は解体して収納できます。
図面を書いて下さったマンティス&ガーバーのju_tsu様に感謝です!!

今回の保温庫は、パネルヒーターのサイズと菌糸瓶の収納力、ワイヤーシェルフを使用した棚のサイズ、さらに解体したサイズ等を考慮した結果となっており、大型の保温庫になっています。

図面のスケールを変更するだけで、様々な応用が利く保温庫、あるいは保冷庫に展開も可能だと思いますので、今後も進化していければと思います。

とりあえず、状況報告まで・・・

詳細な図面(特許出願中・・・ウソ笑)や使用した資材などは、また後日

・・・to be continued・・・??


[ 2012/11/21 15:47 ] オオクワ用品 | TB(0) | CM(8)

保温庫の作成 そのⅠ


ここ数日、忙しいのと疲労度が上がり、オオクワのエサ替えをするのがやっとで、記事を書くことができず放置気味でした。

それでも、室内の最低気温は18℃を上回っており、これを良い事に保温庫も資材を発注したまま放置です汗。

しかし、温暖な私の地域でも、着々と冬が近づいており気温の低下が顕著になってきました。

そこで、何とか今週中に組み立てを開始しようと、時間をとるつもりです・・・。


っという事で、

発注した資材の一部をザックリと写メしてみましたw


まずは、放置中の資材全般・・・。
IMG_0388_convert_20121102140839.jpg


次に、木材を固定するビスのナット受け(ここがミソ?)
IMG_0389_convert_20121102140952.jpg


木材にナット受けを打ち込んだ様子
IMG_0390-1_convert_20121102141022.jpg


固定用の木材に全てナット受けを打ち込んだ様子
IMG_0392_convert_20121102140916.jpg

組み立て工程や、資材の詳細は追々載せていければと思います。

まだまだ途上なので、本日はここまで(というかここまでしかできていません。しかも、2週間前に・・・w)

この保温庫に関しては、「マンティス&ガーバー」のju_tsu様に大変ご協力いただきました。完璧に私の意図をくみ取っていただき、さらにそれをCADとして採寸して図面にして頂きました。

しかし、資材をカットするため材木会社に依頼したのですが、なかなか図面を理解して頂けず、かなり難儀いたしましたが、なんとか意図を理解して図面通りに資材をカット、穴開け加工をしていただくことが出来ました。

完成予想は、かなり立派な保温庫になると思います。

なので、あとは組み立ての腕次第って事になりそうです・・・w
[ 2012/11/02 14:54 ] オオクワ用品 | TB(0) | CM(8)

割り出し・掘り出し用道具


今回は、オオクワ用に揃えた道具ネタです。

使用感等を少しご紹介します。

IMG_0374_convert_20120920220825.jpg

まずは緑の箱(容器?)ですが
サイズは約 61cm×47cm
本来の用途は、建設関係のセメントや土を混ぜる為に使うようです。(名前は知りません汗)
ずいぶん前に、金魚のランチュウを飼おうと思いホームセンターで購入したのですが、ランチュウの手間隙と難しさに断念し、容器だけが放置されていました。オオクワの割り出しや掘り出しを家で行うのには、我が家には無くてはならない容器になりました。もう少し大きくてもいいかな?とも思いますが、とりあえず満足しています。

次に左から4本は、ご存知スプーンです。
本来の名前は、スパーテルと言います。
サイズは、左から約31cm ・ 24cm ・ 21cm ・ 18cm です。
本来の用途は、薬などの計量や化学試験用の試薬等を調合する為のスプーンです。
えっと、、、価格は良く分かりませんw会社に転がっているのを・・・w

使用感は
31cm・・・でかすぎです!! まったく使っていません。強度が弱くすぐに曲がりますw
24cm・・・BIGな幼虫を乗せるのに最適です!!でも、掘り出しに使うと強度が微妙で曲がりますw
21cm・・・♀幼虫を乗せたり、マットを掻き分けたり、掘り出しに使ったりと一番頻度が高いです。必需品w
18cm・・・長さと厚みがベストなのか、強度が一番あります。初令等の割り出し直後の幼虫にはベストです。

次に、見たまんまのマイナスドライバー2本。
本来の用途は、、、あんな事やこんな事に使います・・・。
使用感は、割り出しに最高ですね。でも、加減しないとグサっといきますねw


お次は、100均で買った細い園芸用スコップ
本来の用途は、、、まぁ割愛ですねw
使用感は・・・。正直いりません・・・。次のアイテム買ってしまったので・・・。
菌糸瓶の幼虫投入口をホジクル為に買ったのですが、次いってみよ~。


今回の目玉商品!!右から2番目のやつw
菌糸瓶の幼虫投入口や、菌糸瓶をグサッと穴開ける為の棒!!
本来の用途は、もちろん幼虫の瓶交換時に穴を掘ってあげるためのかき出し棒!!
もっと安く買えないかと思い、無い知恵を絞りに絞って・・・。
ニュースの映像で見る、米俵にグサッと刺してお米を検査する為の物を探しました。
お米用の物を『サス』(そのまんまやなw)と言いますが、なかなか市販では売ってないですね。
安いんではないかと思ったんだけどなぁ~w あ!!チーズ用の類似品があるのですが、何故か超高価ですw欲しい方は販売します。でも、1万は軽く超えます爆。
使用感は、超便利です。これ絶対必要ですよね。


そして、最後は一番右端のクネッとまがったニクイ奴w
これ、何だと思いますか?
我が家にあったので使ってみたら、割り出しにかなり便利でした。
商品名は・・・わかりません汗。
本来の用途は、車好きの方や、車の本職の方はすぐ分かると思います。
そうです。車のドアの内張りを剥がす道具で、クネット曲がった先は少し二手に分かれ、マイナスドライバーのような形状をしています。
使用感は、材の目にうまく噛んでくれ、曲がった場所がテコの原理で力を入れることが出来、それでいてキリや細いマイナスドライバーのように、材の奥まで入りませんので、材がパカット綺麗に避けてくれます。強度も、さすが車用に出来ていますので、そこいらの力じゃ曲がりません・・・。最初から曲がってますがw
実はこれ、私の一押しですw

以上が、割り出し、掘り出しの際にオオクワ用に無理やり使っている道具でした。

アイデアと工夫で、まだまだ便利道具が見つかりそうなので楽しいですよね♪♪

あら?やっぱ形から入っているよな・・・まぁいつもの事かw


[ 2012/09/20 22:56 ] オオクワ用品 | TB(0) | CM(12)
プロフィール

Author: Field Arrows 88
フィールド アローズ88
HN:Tatsu

Field Arrows 88のTatsuと申します。
2012年6月よりオオクワのブリードを始めました。しかし、自身の環境変化によりお休みしています。
しかし、また再開したいと思っています。

子供達は、相変わらずサッカーのクラブチームとJリーグの育成スクールで週5日、精神を鍛えるため空手(国際空手道連盟極真会館)で精進しています。


☆現在の飼育状況☆

残念ながら居りません。

幼虫管理表
☆2012年☆
能勢YG
YG-ANC-A ライン
YG-ANC-B ライン
カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。